安全運行への取り組み

貸切バス事業者安全性評価認定委員会において、

安全に対する取組状況が優良なバス会社であることを評価して頂き SAFETY BUS ☆を認定して頂きました。

安全性評価認定証
評価報告書(第1回)
項目別評価結果一覧
項目別評価結果一覧
御社における現在の安全管理体制の構造、維持及び改善に関する取得状況
 国土交通省 近畿運輸局長 坂野 公治様より 表彰状を頂きました。

4月24日に東京都羽村市にある、

日野自動車(株)羽村工場

テクニカルセンターさんによる、

安全運転講習会を弊社ロマンス観光バスの

ドライバーの為にまる1日開催して下さりました。


今までの復習を詰め込まれた難関たっぷりの特設コースを走行です。


最後に正しい日常点検の仕方、打音検査のねじの緩んだ音の違いや振動、

等をみっちりと教えて頂き各ドライバーの安全への取り組みや考え方、

意外と見えていない死角等の再確認が出来て本当に良い講習でした。


弊社ロマンス観光バスで扱っているバスには、

少しでも安全性を向上するために、

あらゆる安全装備を盛り込んでいます。


両角の前方のダウンミラー 

(バスの直前の死角を無くすため)


左方カメラ常時映像ピラーモニター増設

(雨や夜間の視界不良でのミラーの確認補助、補助ミラーの死角補助巻き込み事故防止)


左右窓ガラス熱線

(窓ガラスの曇りによる視界不良防止)


送迎用マイクロバスには、


外部音声マイク

(マンションや駅での運行がメインの為に外部の音声を運転席で聞こえるマイク)


バック時左折時の注意喚起音声マイク

(バックの際や左折の動作を周囲に伝えて注意喚起)


等、一部の紹介ではありますが後付けの装備が

運行による事故のリスクを最大限防止するのに

有難い装備だと改めて感じさせられました。


日野自動車さん、1日講師を努めて頂きました先生方本当にありがとうございました。


これからも、お客様の楽しい思い出作りを最大限お手伝いさせて頂けますように、

更なる安心、安全を追及して参りたいと思います。

ここに文章を入力してください

ここに文章を入力してください

ここに文章を入力してください

PCSの概要説明、構造の話を聞き

その後PCSでの停車している車への追突防止を外から見学

次に実際にバスに乗り込んでのPCSの作動停止体験を試乗させて頂きました。当日の朝は、

雨が降っていた事もあり、若干ウェットな路面で実際あんな重量もある大型バスが停まるものか半信半疑でしたが、

見事に全てにおいて追突する事なく停車していました。

お見事です!!w(゜o゜)w

走行している車への速度差のある前車への追突防止の実演での停止を、見させて頂きました。

実際試乗して分かる事は、当たり前の事ですが、かなりの急ブレーキです

シートベルトをしっかり閉めていないと前に飛んでいくと思うので

出発前にはしっかりとお客様へのシートベルトの完全着用をお願い致します。

セレガは直近が見えにくいバスとは認識していましたが、3メートル先まで直近が直視出来ない事にびっくりしました。

写真にあります、オレンジ色のセレガの運転席からは、周りに有ります全てのトラック、自転車、ポールにパイロン、等全てが見えていませんw(゜o゜)w

外から見たら勿論見えているものかと思いがちですが、運転席に座ってみるとびっくり!

本当に何もありませんでした!!!

そこから、旋回軌跡回転半径の実演走行見せてもらい、

巻き込み事故、ケツ振りに80センチを要するのを学習。

実車(一部トラック)にて、バックアイカメラの特性、死角を講習。

面白い事に離れてるからこそ見える場所や、近くなると、

はっきり見える場所と

近くなるからこそ見えなくなる場所等の説明を受けました。

近ければ近い程に車の直近は、見えなくなり、事故の可能性が高まるのでカメラのみでバックしないように気を付けないといけませんね!
モニター画面からは、車体の上部の角が全く映されていません。

メールでのお申し込み

お見積りフォーム
お申込みフォーム

FAXでのお申し込み

お申し込みフォーム(FAX)
行程表フォーム(FAX)
お電話からのお問合せ
TEL 0725-53-5886